日本の国民病

日本では、年間30万人もの人ががんで命を落としています。日本国民の実に30%ががんで命を落としている計算になります。
このようなことから、がんは日本の国民病とも言われています。日本人に特に多いのは、大腸がんと胃がんです。
大腸がんは、腸内環境が乱れることによって引き起こされます。腸内の善玉菌よりも悪玉菌が優勢になることによって、発がん性物質が発生します。
脂質の多い食事が多くなり、腸内環境が悪化している方が増えているので大腸がんも増えています。
日本人が胃がんを発生させる理由は、食塩を摂り過ぎているという点が挙げられます。日本は味噌や漬物といった保存食がよく食卓にのぼります。
保存食は塩分が多く入っています。塩分過多が胃がんの原因です。

がんは不治の病というイメージを抱いている人が多いかと思いますが、医療技術の発展によって根治するケースも少なくありません。
がんを根治させるには、早期発見が最も重要な要素となります。進行していない段階で発見されると、腫瘍の摘出といった簡単な手術で根治できます。
しかし、症状が進行しており大きな腫瘍ができている場合は臓器を摘出しなければならなくなります。転移がある場合は、転移している臓器の摘出が必要になります。
がんを摘出しても、周りの臓器を摘出しなければならないため、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。
女性特有の乳がんなどは、乳房のを切除する必要が出てきます。女性に大きな精神的苦痛が生じます。近年は乳房再建の手術などもあるため、精神的負担は減りつつあります。

様々な治療法

乳がんでの手術は乳房を失うというリスクが有ります。様々な治療法がありますが、手術の場合は乳房を失います。女性は精神的に大きな苦痛を覚えます。乳房をよみがえらせる乳房再建は女性の味方とも言える手術方法です。

Read More

自信を失う

乳房を失った女性は、自分の身体にコンプレックスを抱き自信を持てなくなってしまいます。その他にも日常生活の様々な場面で支障をきたしてしまいます。そのようなことがないように、乳房再建の手術を受けましょう。

Read More

一次再建と二次再建

乳房再建の方法は、タイミングによって種類が変わります。乳がんの手術と同時に行なう一次再建と、乳がん手術後に一定期間を置いて行なう二次再建です。それぞれのメリットが異なります。

Read More

自家組織で再建する

乳がん手術で切除した皮膚と筋肉が多かった場合は、自家組織を使って再生を行ないます。患者自身の背中やお腹の組織を使って乳房再建を行ないます。仕上がりは自然で触り心地も違和感がありませんが、身体の負担は大きいです。

Read More

再建方法とは

乳房再建は、人工乳房を挿入するという方法がメインです。乳がん手術で皮膚と大胸筋の切り取りが少なかった場合は、人工乳房を挿入するだけで手術が終わります。皮膚が足りない場合はエキスパンダーで皮膚を伸ばします。

Read More